TREXEL INC.

MuCell®テクノロジーとは、米国Trexel社が特許実施権を持つ「超臨界ガスをスクリュシリンダ内に直接注入し、ガスを溶解させた溶融樹脂を金型内に射出充填する」成形プロセス技術です。 MuCell®テクノロジーにより以下の成形効果を期待できます。

発泡成形後のセル構造

低圧成形

1. 成形品品質・寸法精度向上

ガスを溶融樹脂に注入することにより、樹脂の流動粘度が低下し、低圧で充填できるので成形品の反りなどの歪を抑制できます。

2. 設備・製造コスト低減

射出圧力、型内樹脂圧力を低減できることから、機械のダウンサイジングに貢献します。

生産性向上(サイクル時間短縮)

歪を低減できることから冷却時間の短縮にも有効です。
また発泡圧力が保持圧の代替になるので保持圧時間を短縮できサイクル時間の短縮に貢献します。

材料コスト削減(成形品の軽量化)

化学発泡剤に対し、ガス濃度を高濃度に出来ることから高倍率発泡ができ、成形品の軽量化に有効です。

環境負荷低減に貢献

本発泡成形技術は超臨界ガスをスクリュシリンダ内に直接注入し発泡ガスとする為、化学発泡剤やフロン類を利用しない環境にやさしいプロセス技術です。

成形事例

事例1

  • 製品名:IPリテナー
  • 樹脂名:LGF PP
  • 効果:軽量化、サイクル短縮、そり低減

事例2

  • 製品名:HVACシステム
  • 樹脂名:T20% PP
  • 効果:軽量化、サイクル短縮、長期信頼性とシール性の向上

MuCell®技術の使用には、SCF供給装置(特許実施権含む)の購入契約が必要となります。詳細につきましては、トレクセルジャパン株式会社(東京都品川区大崎1-6-4、TEL:03-6417-0072)までご連絡お願い致します。

MuCell® はトレクセル社の登録商標です。