当社は、射出成形化による大型導光板の薄肉化を実現する大型薄肉導光板電動射出成形機「emPシリーズ」を開発しました。 「emPシリーズ」は、 32“~52”の大型導光板の射出成形が可能です。

U-MHIの大型導光板射出成形機は、高品質の導光板を得る為に、2プラタン式型締機構による4軸平行射出圧縮制御による高精度な肉厚制御、Fスクリュによる抜群の黄変、シルバー防止性能、最適なスクリュ、シリンダ材質選定などによるコンタミ防止仕様、DD型サーボモータ駆動射出装置による急加減速・停止制御などU-MHIが誇る、最新の総合技術力が活かされた高信頼の成形システムです。

導光板特性とU-MHI対応技術

導光板サイズと適用機種

導光板サイズ(inch) 32 37 40 42 46 52
導光板肉厚(mm) 2.0 ~ 2.5
適用機種 900emP-100 (○)
1100emP-160 (○)
2個取り
(○)

高応答・高速電動射出装置

DD(ダイレクトドライブ)型サーボモータ

当社独自に開発した低回転高トルク特性の大容量DD型サーボモータ2軸(スクリュ径Φ120mm以上は4軸)を射出装置に採用し、射出速度の加速応答性は、アキュムレータ油圧サーボ仕様並みの特性で、また急減速・停止制御は、成形品のバリやひけを防止して、停止させたいスクリュ位置にフィードバック制御で停止保持することが可能です。

4軸平行射出圧縮制御

高精度導光板肉厚制御

4軸平行射出圧縮制御は、金型の4隅に金型位置センサを設置して、金型の型開量を直接検知し、タイバー4軸を高応答油圧サーボバルブにより、フィードバック制御を行うことにより成形品肉厚を均一化するとともに、そり等の歪みの低減を可能としました。
また、圧縮動作時に金型を傾かずに閉じることができるため、金型嵌め合い部の囓り摩耗の防止が可能です。
U-MHIの4軸平行射出圧縮制御は、特許により保護されています。(多数の特許取得済み)

2プラタン式の四軸平行射出圧縮成形

PMMA導光板(40インチ相当)試作品肉厚偏差例

成形品肉厚偏差値は、使用する樹脂、金型、成形条件などにより異なる場合があります。

省スペース2プラタン型締機構

省スペース

当社独自の2プラタン式型締機構により、900emP-100/型締力1050トン(圧縮力900トン)でも、トグル式型締め機構 850トン射出成形機並のスペースを実現しました(当社比)。