高精度発泡成形制御

コアバック発泡成形システムは、微細気泡と均一発泡による強度と軽量化の両立するとともに、成形品肉厚を均一化を可能としました。

4軸電動コアバックシステム
(emIIシリーズオプション)

4軸サーボモータ+ボールネジ駆動

  • 4軸ボールねじの位置速度制御により、高応答に金型PL面を平行制御
    →成形品肉厚精度を確保、金型カジリ防止効果大
  • オプション装置であるコアバック専用ユニットは、型盤上部の2軸のみ
    (下側コアバックは、型開閉用ACサーボモータ&ボールねじで駆動)
  • バックアップ力により、過大な発泡力にも対応可能

U-MHIの4軸電動コアバックシステムは、特許により保護されています。
(特許取得済み)

4軸ハイブリッドコアバックシステム
(MMX、MMVシリーズオプション)
[特許取得済み]

4軸油圧シリンダ+調整精密ねじ方式

  • コアバック力は型盤の4隅に配置した油圧シリンダで出力。
  • コアバック停止精度はサーボモータと精密ねじにより高精度確保。
    【コアバック量設定プロセス】
    1. 型密着(型閉)
    2. 油圧シリンダのストロークエンド位置で位置決めプレートを当接
    3. 精密ねじにより所定のコアバック量だけ位置決めプレートを前進させ位置固定
  • バックアップ力により、過大な発泡力にも対応可能

U-MHIの4軸ハイブリッドコアバックシステムは、特許により保護されています。(特許取得済み)